飛び出せ!兵庫柔整専門学校

0

Posted by T-プリン | Posted in 日々の出来事, 発見編, 飛び出せ!学校 | Posted on 11-11-2009

月日は遡りますが・・・10月25日に開催されました、第34回近畿学会の模様をお届けいたします。

10月25日(社)日本柔道整復師会主催の第34回近畿学会<柔道整復・接骨医学>が滋賀県ピアザ淡海にて開催されました。

授業の一環としての案内ではなかった為、自主的参加となりましたが、予想以上に申込が多く、改めて学生さんの学びに対する熱意を感じる一日となりました。

抄録集合

 

 

 

 

 

学会を終えての感想をお願いしたところ、レポートを提出してくれたのには驚き&感動。

今回は入学試験・学校説明会と重なっていた為、事務員が同行出来なかったので、とてもありがたく感じました。

 

圧倒的に【野球肘の診断と治療】が人気の中で、個人的に興味を持ったのは、このレポートでした・・・

【S&Dバランス調整法を用いた腰痛妊婦への対処法の一例】

「同じ女性という立場であることや、妊婦という特殊な体の状態であること、現代では老若男女にかかわらず数多くの方が抱える悩みであること等から、多数の講演の中でとても印象に残った」そうです。

「妊婦の約8割が腰痛を経験しており、それは妊娠による体重増加が原因で姿勢が変化し、それに伴い大腰筋が緊張し、母体に負担として加わります。お腹が大きくなると、重心が前方に移動することによって腰椎が前方へ反り過ぎ、また椎間板への負担が増加し、動きにくくなることから運動不足による筋力低下に繋がっていきます」

 

当たり前のことかもしれませんが、なるほどね、と思わせてくれました。腰痛と一言で言っても、専門的知識がなければ、意外とその仕組みや一連の体内連鎖が解らなかったりもします。

 

【学会を終えて・・・】

ONの時間があるように、OFFの時間もあります。

実はその切り替えの早さが、ストレスを溜めない秘訣かもしれません。

学会で頭を働かせた分、比叡山 延暦寺にてちゃんと胃袋も働かせた彼等なのでした・・・

延暦寺

 

 

 

 

 

近々、大阪で学会があります。入学試験や学校説明会とも重なっていない為、私も参加してみようかと思っています。

時には窓口から飛び出して、学びの場でコミュニケーションをはかってみるのも新しい発見に繋がるかな、と。


Comments are closed.